FC2ブログ

Entries

56番 ヘルムート ミュラー=ブリュール ケルン室内管弦楽団

2018年7月16日 ヘルムート ミュラー=ブリュール ケルン室内管弦楽団No.56を聴取。No.54に引き続く。第1楽章kスタッカート様は、No.70の第1楽章の冒頭主題にも類似していると思うが、旋律自体が長く、変化に乏しい方な印象(井上著にも記載されている)
FinaleのPuretissimoも、テンポは、やや遅め。井上著では、 8分音符の無窮動きで構成された動機が、非常な早さで演奏できたエステルハージオーケストラの技術は究めて高かったと思う。私としても、できるだけ早いテンポで演奏して欲しいと思ったが残念。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/950-eafff264

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる