FC2ブログ

Entries

70番 ロイ・グッドマン ハノーヴァー・バンド 

2018年6月15日 70番 ロイ・グッドマン ハノーヴァー・バンド を聴取。No.72では、4人nohr.奏者は左右に分かれていたが、こちらは2名のため左側に位置。第1楽章はゴツゴツした主題もあり、聴き所としては余り期待できないと過去のログにも記載したが、この演奏でも同様。第2楽章は他の楽章よりもかなり長いか繰り返しを充実に採用。cmb.は常に入っているが、D デイビス盤と同様に、旋律によっては繰り返しの装飾などが入るが違和感なし。
 一番の聴き所のFinale Allegro con brio では、各パートがフーガで展開していく。モダン楽器で編成はそれほど多くないと思うが。短い冒頭の動機で、1小節単位で構成される4分音符。この4分音符をスッタカート風に刻む箇所と刻まない箇所を丁寧分けている。また低弦でvc.とbassが分離するする部分など、分離感と定位感が良く分かり、迫力がある演奏だと思った。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/932-42b6a26f

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる