FC2ブログ

Entries

85番 トン・コープマン指揮 アムステルダム・バロック管弦楽団 

2018年6月8日 85番 トン・コープマン指揮 アムステルダム・バロック管弦楽団 
を聴取。No.84では、fg.と低弦とのユニゾンについて記載をした。この曲でもユニゾンの箇所はある。Sikasi,fg.はどちらかといえば。Vn.とのユニゾンの箇所が多い。(例:第3楽章Menuet trioの部分など)
 コープマンの演奏はもちろん、この部分で1オクターブ低いfg.のsoloの音色を従事して、あくまでfg.を引き立てている。Vn.奏者が少ない中、奥のほうにいるfg.を引き立てるために、かなり音量を落とし、soloあるいは、奏者を減らしているかのような雰囲気。しかし、fg.と低弦とのユニゾンの箇所がNo.84と比べて少ない分、今ひとつ魅力に欠けると思った。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/924-8d1603e2

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる