FC2ブログ

Entries

19番 ロスバウト バーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団 

HansRosbaudSWR1.jpg
2018年4月28日 ハンス・ロスバウト指揮のバーデン=バーデン南西ドイツ放送交響楽団のNo.19を聴取。ハイドン音盤倉庫にも、一部ではあるが、レビューされている。

http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-1666.html

CDは7枚組みであるが交響曲も含まれている。作曲順番から通して聴くため、今回はNo.19からスタート。1961年のモノラル録音。録音時期が古いこともあり、ダイナミックレンジもやや狭い。 モノラルのため、音の広がりが分からない。
 自分なりの曲のランキングでも低い評価をしていることもあり、曲自体の印象が余りない曲のひとつ。井上著 ハイドン106の交響曲を聴く でも「凡作」と一蹴されているが、私も同じ感想。
 第1楽章のvn.パートも掛け合いが聴き所であるが、モノ録音のため、掛け合いが分からない。No.17と異なり、hr.独自の動きがあるが、余り目立たない。(録音による影響も多いようだ) 第1楽章の提示部の繰り返しは行うが、展開部と再現部の繰り返しはなし。第2楽章も、全て繰り返しがない。全体的に、これといった特徴は余り見出せない印象。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/892-cc3e0f38

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる