FC2ブログ

Entries

36番 ヘルムート ミュラー=ブリュール

Bruhl13.jpg
2018年4月11日 ヘルムート ミュラー=ブリュール ケルン室内管弦楽団No.36を聴取。このCDは、これ以外にNo.13、協奏交響曲が収録されている。日本語解説の帯の部分の記述によると、ハイドン作曲「ジュピター交響曲??」と記載がされている。これはNo.13のFinaleの主題がジュピターのFinale主題に類似しているから。それよりも3曲の選曲が面白い。最後の協奏交響曲をメインに持ってくるに伴い、その前に初期の交響曲を2曲持ってきたこと。この2曲は緩叙楽章でいずれも、弦楽器のsoloが随所に登場すること。他にも初期の交響曲で類似のもあるが、今回は、何故かこの2曲になっている。No.6~8は3曲のセットでCD発売されることも多いので、これ以外にこの2曲を持ってきたのかもしれない。下記のブログにも、No.36を含めてレビューがある。

http://haydnrecarchive.blog130.fc2.com/blog-entry-707.html

4楽章の中で、私なりの聴き所では「第1楽章の展開部の素材が豊富」を記載した。この時代としては、珍しく提示部と展開部の長さが全く同じ。(60小節)再現部は64小節なので提示部よりも、少し縮小されている。長い提示部でも短調の箇所が随所にあり、石多著「交響曲の生涯」でもこの特徴に記載がされている。
 ミュラーの演奏では長い提示部の中で、強弱を中心に微妙にスタイルを変えている。提示部は繰り返しをしているが、提示部の繰り返しの部分で装飾などは特に行っていない。長い展開部で、提示部からの素材が、殆ど随所に採用されているのが、この曲の特徴ではある。展開部でも、強弱を自然な雰囲気であるが、微妙に変えている。ただし、第2vn.は右側に位置していない。Vn.同士の掛け合いの箇所が、Finaleを中心に多いがこのあたりが聴こえないのが、私としては残念。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/890-52d836ff

トラックバック

コメント

[C29] 36番

こんにちは

私も最初、ミュラー盤を聴いてこの曲が気に入りました、たぶん17番も同時期かと思いますが、両曲とも展開部が充実していますね、ホグウッドやファイは後半も反復していて、存分に聴けますね。

[C30] Re: 36番

> こんにちは
>
> 私も最初、ミュラー盤を聴いてこの曲が気に入りました、たぶん17番も同時期かと思いますが、両曲とも展開部が充実していますね、ホグウッドやファイは後半も反復していて、存分に聴けますね。

コメントありがとうございます。展開部と再現部の後半の繰り返しに関しては、この後の交響曲でコメントする
予定です。取り急ぎにて。
  • 2018-04-13 21:38
  • tenkichi995
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる