Entries

60番 ファイ

4010276021223.jpg
2017年5月1日 T ファイ No.60を聴取。視覚効果の高い曲で組曲として楽しむのが特徴と、自分なりに評価をして来た。冒頭の序奏からHr.が左側trp.が右側に左右対称的に配置しているので、Tuittiでの楽器が左右全体に広がって迫力がある。
No61t1T109.jpg

余り注目されないが、第1楽章のT41でNo.45にも登場したシンコペーションの旋律を含む部分がある。提示部では、No.45の旋律は登場しないが右側の第2vn.の旋律が引き立つ。この旋律は展開部のT109でNo.45の同じ旋律が登場し、短調の調性と相まって聴かせ所。T119ではスッタカート風に刻み込むような下降する旋律が、調性を変えてT121でレガートとなるなど、微妙な解釈がある。この箇所ひとつをとってもスコアの背後にあるものを聴取者へ引きだすファイの姿勢が現れる。
 第2楽章では、繰り返しでは伴奏部分では、弦がピチカートに変更するなど、飽きさせない。第6楽章の中間部でvn.の即興がある。ホグウッドの聴取記録では、指揮棒をたたく音を記載した。ファイの場合は、この叩く音はない。しかし左右に分かれたvn.パートの1名ずつのsolo奏者が明確に聴き取れる。第2vn.のsoloは、わずかだが少し遅れて第1vn.に追随して終わるなど興味深い。もともとこの曲自体、ツギハギのスタイルで6楽章あるので、聞き流すようなタイプではある。しかしファイの演奏は、従来と異なり聞き流す解釈は全くない。スコアに潜むニュアンスを、独自の解釈を通して現代の我々に導くことを目指している典型的な曲と思った。


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/712-e50bc231

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる