Entries

92番 ブリュッヘン

2016年7月29日 ブリュッヘンOrchestra of The Age of Enlightenment  No92を聴取。第1楽章 展開部のT95から、弦を中心とした各パートが、動機を変形しながら、様々に聴かせる部分。2つのvn.パートが左右に分かれているので、聴きやすいととも緊張が高まる。以前、モダン楽器のゴバーマンを聴いたときは、この部分が大編成で迫力があった。ブリュッヘンの演奏は、古楽器のためか、この部分の迫力が不足。

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mistee01.blog118.fc2.com/tb.php/605-049b99e5

トラックバック

コメント

[C14] オックスフォード

ブリュッヘン盤の92番は私もちょっと不満がありました。
D.R.デイヴィスの全集にある92番はけっこう気に入っていますけどね、古いところではコリン・デイヴィス指揮RCOの92番が良くてこれ以外聴きたいのはありませんでした;

[C15] No title

92番で私が一番、好きなのはゴバーマン盤です。モダン楽器ですが、弦の各パートが鮮明に聴こえて、奏者が多いので迫力さが魅了です。今後、他の演奏を聴くと、変わっていくかもしれませんが。
  • 2016-08-09 06:19
  • tenkichi995
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる