101番 リヒター

t101t1t304.jpg


2017年6月21日 K.リヒター ベルリンフィル No.101を聴取。モダン楽器で厚みのある弦が特徴。No.100と比較して管楽器のsoloがやや少なく、Tuittiの部分は比較的多い。ただし弦のユニゾンの箇所は、余りない方だと思う。第1楽章は単一主題に近く、8分音符の旋律が、めまぐるしくいたるところで登場、変形されていく。展開部の真ん中当たりのT182当たりから。182から185までは、管楽器等からなるTuitti。その後、T185からは弦のみのユニゾンが続く。通常の演奏なら、T185で、弦以外が加わった部分とT185以降の弦のユニゾンとの差が多少はある。しかし、もともと弦の奏者が多いこともあり、T185から弦のユニゾンが音量も落とさないで緊張感を持ちながら続いているのが特徴のひとつ。
 もし録音があれば、No.97の第1楽章当たりを聴いてみたい。この楽章はユニゾンの箇所が多く、強弱の対比が大きくのが特徴のひとつ。リヒターの演奏がもしあれば、さらに特徴が出ていたと思う。

no103t4t378.jpg
なお、下記のブログに同じ音源でLP盤について、録音の方法について記載がされている。カットの方法から内周ひずみについて記載。
http://micha072.blog.fc2.com/blog-entry-500.html

 この音源ではないが、ハイドンの交響曲で、かつてLPを持っていたとき、同じような経験をした。N.マリナーのNo.103.かなり長い曲で、LP1枚に収めには、当時、おそらく30分は超過していたと思う。終局直前の9小節前のT378からの部分。ここの第1vn.が高い音域とも相まって、かなり歪があった記憶がよみがえる。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 101番 リヒター

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。