Entries

61番 ファイ

2017年5月2日 T ファイ No.61を聴取。過去のランクで自分なりにCとしている曲のひとつ。管楽器のsoloが随所にありながらも、Finaleは流れるような変奏曲。過去の記事については、No.52の部分で交響曲の分水嶺について記載をした。分水嶺の曲でさらに追加で候補を上げるとすれば、この曲があがると思う。緩叙楽章では、vn.の弱音器の指示がある。これは、中期以降の曲では、しばしば用いられる手法。 ファイの録音は近接音がか...

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる