65番 ファイ

no65t2t14.jpg
2017年5月20日 T ファイ No.65 を聴取。第2楽章は、繰り返しの後半でsoloや装飾を含めた旋律がファイの特徴。この部分も典型的な曲。T15からの部分は、この楽章自体が、あたかも、コンチェルトグロッソの雰囲気。T15の第1vn.は繰り返し前の前半は、通常とおり。繰り返しの後半は、旋律を変えての装飾。T16からは、第1vn.はsoloになる。
  もともと、ハイドンは、短い動機から主題を構成することが多い。緩序楽章でも当てはまるが、特にこの楽章については、冒頭のわずか1小節とそれに続く2-3小節が中心となる。特に冒頭の第1小節は、いたるところで楽器を変えながら繰り返される。(モーツアルトやロマン派などの長い小節からなる主題とは対照的)
緩叙楽章でvn.のsoloの箇所があるセレナード、デベルティメントなども同様に見受けられるが、概して主題の旋律自体が長い。それに対して、この楽章はとても短い部分から構成されている。短い主題のために逆に楽章のいたるところに飽きさせない工夫をする。工夫のひとつには、装飾やsolo、弦のピチカートの変えるなどの手法がある。ファイの演奏では、この解釈を通している。交響曲の後期に近くなると、この手法は、減ってくる。
作曲順番と通し番号では、No.59に引き続きいている。同じA調の調性が続く。通して聴くと、「こじんまり」とした雰囲気にこちらの方はある。このためか、自分なりのランクはDとしていた。ファイのこの録音でもNo.59の後にもって来ている。しかし、このファイの演奏を聴いてみると、再度ランクを上げるとともに、意外な発見もあり。私なりに思うに、3曲のカップリングを選定した中で、再度にこの曲を持ってきたのは、一つ前のNo.59と対比させるためではないか。同じ調性で、finaleもhr.を中心としたファンファーレがある共通点。しかしあえて、「こじんまり」とした雰囲気の中にも、ファイによる聴かせ所があることを示すためだと思った。
 

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 65番 ファイ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。