8番 佐藤

2016年11月19日 佐藤裕 トーンキュンストラー管 No.8を聴取。ライナーノートに、第1楽章の第1主題でオペラからの引用について、解説がある。(井上著 ハイドン106の交響曲を聴く にもこのことは記載があった)1959年にモルツイン時代にオペラの上演を見ていた記載を始めて知る。
ライナーノーツの著者である、Michael Lorenz のブログの中には、ハイドンの妻についての考察もあるようだ。(英文の下記のアドレス)
http://michaelorenz.blogspot.jp/2014/09/joseph-haydns-real-wife_11.html
soloがいたるところで活躍するが、主に二人のvn.が聴き所。第2vn.のsoloが同じ旋律を音程を下げて演奏している個所が多い。第2楽章T16から、同じ旋律で寄り添うように行こうとするが、T19で離れてしまう部分。二人のvn.の駆け引きが、よい録音も相まって聴き取れる。
3曲を聴き通してみて、どれをベストとするかの話になったら、最初のNo.6を進めたい。パリセットのノリントンの最初の一撃と同じ様に、出だしからして、引き込まれてしまう。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 8番 佐藤

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。