104番 ホグウッド 室内


2016年8月18日 ザロモン編曲による室内合奏の No104ホグウッド フォルテピアノ盤を聴取。編成はNo.100と同じ。第2楽章などは、フォルテピアノのパートは、装飾音を適宜加えている。ManuetのTrioの部分。オケではOb.のsoloの部分は、fl.が担当。Fg.の部分はva.が受け持っている。Finale のT22の部分から。第vn.と第2vn.がユニゾンで演奏する個所。ここでは、第2vn.や第1vn.を一緒の旋律を引いていない。Tuttiの部分は、逆に、第1vnの旋律が引き立つ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。