Entries

104番 ノリントン

2015年11月13日  ノリントン ロンドンセット ライブ盤 No.103を視聴。序奏はゆったり目のテンポで、最初からtrp.が活躍。fとpの微妙なニュアンスを重視するノリントン。T83で、今まで聴いてきた演奏は、大半はfを通すが、この箇所では、僅かに音量を落とし、T86のffと対比。主部の冒頭のT21-22の動機は、この楽章であたかも骨格をなすように、散らばりながら展開する。テヌート、スタッカート、何も付かない通常の3通りの...

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる