49番 ゴバーマン

2015年4月28日 追記。ゴバーマン盤を視聴。第1楽章冒頭の主題が、2つのvn.パートが分かれているいることで、明瞭に、旋律の微妙な違いが聴き取れる。第2楽章 展開部T63でも第2vn.の冒頭主題の変形された旋律が明瞭に聴き取れる。
  一番、印象に残るのは、finale。ここでは、2つのvn.パートは同じ旋律で演奏する箇所が多いが、時折に、独自の動きがある。ゴバーマン盤では、弦を中心としたTuttiでのvn.パートの広がりが特徴。これは、No.4にも共通しているが、調性や雰囲気が異なる。管楽器の出番が余りないこの曲の特徴を捉えた印象。No.48と続けてあるいは、最初に聴くと、この違いが分かりやすい。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : 49番 ゴバーマン

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。