Entries

66番 ドラティ フィッシャー デイビス  ホグウッド

Allegloは中規模のソナタ形式だが、この楽章を含む随所に、弦楽器のvc.とcb.が分離をしている。このため、音域が広がり音色の豊かさがある。(今までは、分離はなかったか?)展開部は比較的短いが。しかしそれに対して、第1主題の再現部が短いものの、その後の経過部からの展開が見事で、終結までの盛り上がりが良い。  Adagioは旋律の展開よりも、この頃に見られるピチカートを含む音色の変化が中心。Menuetのtrioから、fgを含む...

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる