交響曲 .47番 ホグウッド

2013年6月29日 追記。ホグウッド盤を視聴.。冒頭は、管楽器と弦楽器の呼応ががポイント、スコアを見ると、最初は、1本のhr.から始まり、その後、2本のhr.、ob.に引き継がれる。ホグウッドは、管楽器の音量が割合に大きいので、この違いが分かる。
 聴き通してみて、初めての緩徐楽章の変奏曲では、低弦楽器が弱音器を伴わないので、音色のが繊細。T81からは、普段低弦楽器が、、細かい動きで支えるのは、今までに、余り見られなかった手法。T156では、hr.が9小節にも渡って、低弦と一緒に、吹くのは大変であっただろう。ランクはDと同じで良い。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

tag : ホグウッド 47

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。