交響曲No.65

2011年6月28日スコアを見ながら3者の演奏を視聴。全体的に、こじんまりとした印象は、前記した通り。4つの楽章で、一番面白いのは、Finale。後のNo.73「狩」のhr.の構成を予見させる。展開部のエネルギッシュな雰囲気も類似。
 デイビス盤では、Finaleの終わりに近い部分で、各弦は、「p」の指定を敢えて採用しない。元々音量の大きいhr.の音色に負けない弦の音を保って、力強く終わっているのは、特徴の一つと思った。

tag : 65番

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
フリーエリア
    follow me on Twitter
    アクセスカウンタ-
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    リンク
    プロフィール

    tenkichi995

    Author:tenkichi995
    FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。