FC2ブログ

Latest Entries

55番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra 

2018年10月10日 55番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra を聴取。自筆楽譜が存在1774年。No.45を含む疾風怒濤期よりも2年後の後になる。自筆楽譜が存在するNo.45,46.47のシリーズと比較して僅か2年後でも、変奏曲などの形式が入ってきて、聴衆への迎合が少しずつ入ってくる雰囲気。わずか2年の違いでも、曲の雰囲気ががらりと変わる時期。 この頃の作曲時期のひとつとしてNo.51の中で、交響曲の分水嶺について記載をした。

http://mistee01.blog118.fc2.com/blog-entry-100.html

このNo.55に関してsoloの箇所として、第3楽章 trio のvc.がある。しかしこれ以外には、soloの箇所は余り目立たず。しかし第1楽章などは、ハイドンの得意とする展開部でシンコペーションの旋律が出てくる。長い展開部の中でも、この旋律は引きたつ。しかし、対向配置でないこともあり今ひとつ、この演奏ではインパクトが不足気味。第2.4楽章は、比較的分かりやすい変奏曲を採用。
 通して聴くと、ウオードは、緩叙楽章の柔らかい雰囲気が特徴。有名なNo.94の第2楽章のように緩叙楽章の途中で、急にfとなってT34で少し驚かせる箇所がある。第2楽章の冒頭は弦楽器のみで、他のパートはT32まで全て休み。T33で管楽器がfで加わるが柔らかい印象。初演当時は、少ない奏者であったと思う。まだ聴衆への迎合は余り、作曲者自身も意識をしていなかった交響曲のひとつだと思う。裏を返せばエステルハーザ候を含むある程度、音楽に対する理解(転調などを含む曲のメカニズムなど)が分かる聴衆を前に、作曲をしていた。このレベルを念頭に作曲された現代の聞き手側でも、それなりに知識等が必要であると思う。ウオードの演奏は、繰り返しの後半での装飾はないが。奏者が少なく、大きな個性が余り見出せない。その分、模範となる演奏のひとつになるのではないかと思った。
no55t2t33-1-1.jpg

30番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra 

2018年10月9日 30番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra を聴取。フィッシャー盤はhr..の代わりにtrp.が入っていた。こちらは通常通りhr.のまま。全体的に近接音がやや多い。その分、各パートの動きは良く分かる。これが幸いしてか、第2楽章は奏者が元々少ないことも相まって、fl.のが華やかに活躍。
  今までの演奏だと、Finaleは、Menuetの延長だと思い、今ひとつだと思う曲の印象だった。しかし、再度、聴取し直してみるとtempo di Menuet,piu tosto allegro 表記となっている。通常のMenuetとは異なり、ロンド形式の一種に近い。第2楽章では、柔らかい雰囲気の走者としてfl.が登場した。第3楽章の中間部でfl.が高音域で第2楽章と同様に華やかに活躍する。その後は、fl.は登場しない。楽器の交代が曲想の変化によって、微妙に役割を変えている。この演奏を通して、改めてfl.の役割分担について、考え直す機会となった。cmb.は緩叙楽章を含めて常時入っている。繰り返しは忠実に守るが、繰り返しの後半での装飾等は特になし。
0018-300x300.jpg

60番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra 

2018年10月8日 60番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra を聴取。ハイドンで唯一6楽章でツギハギ交響曲の一種でもある交響曲。統一感に関しては乏しい。その分、テンコモリの中、分散した聴き所があるのが特徴。No.22、29と違って打楽器群が入る。序奏の冒頭の打楽器はそれなりの迫力があるのに対して、弦楽器のパートがやや押されている雰囲気。裏を返せば、打楽器群が効果的に使用されている部分が特徴でもある。提示部の後半で第2主題が提示され、はぐらかされたように消えかかるように一旦終わる。T83のffで爆発するが、これに入る直前のダイナミックレンジが思ったより広い。この部分(提示部)ではtimp.がないのが特徴。一方再現部の類似箇所では、音程こそ違うが、T214はfだが、timp.が伴う。提示部と違った迫力の差が味わえる。
 第6楽章の最初の部分で序奏の後、T19からvn.パートが調弦に入る部分。アーノンクールでは、この直前に指揮棒をたたいていたようだ。ウオードの場合は通常のまま。奏者が多い場合は、vn.の2つの パートを各1名ずつ計2名でT19から調弦する場合もある。ウオードの演奏は、元々のvn.の総数が少ないこともあり、soloかどうかが分かり難い。もし初演あるいは再演当時、同じ規模の人数であった、やはりsoloかどうかは分かり難かったかもしれない。これまで3曲の交響曲を聴取してきた。もし同じ奏者の数で後期の交響曲を演奏したら、やはり迫力感が不足する。NAXOSシリーズは後期は、別な奏者となっている。作曲年代と規模を考えたら、この演奏スタイルは良いと思った。
no60t1t83-1-1.jpg

no60t1t214-1-1.jpg

29番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra 

2018年10月7日 29番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra を聴取。No.22から引き続く。No.29にも少し記載をしたが、総勢25名ではあるが、弦の配置人数が、No.22で記載したとおりだと、初演当時の宮廷の人数と殆ど同じ。(中野著 ハイドン交響曲では、この当時 vn.は4~6人だが、va. vc. Bassは1名ずつ)

 第2楽章の2つのvn.の掛け合いが聴き所のひとつしたが、対向配置でないので残念。Finaleもtuittiの箇所では2つのvn.がユニゾンで引く箇所が多い。対向配置ならバランスが良いが。テンポが中庸だが、流れるように心地よく進んでいく。モダン楽器と思うが演奏規模が適切で、初演当時の演奏をモダン楽器で再現されている好演と思った。

22番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra 

IMG_0014-a-300x300.jpg
2018年10月6日 22番 ニコラス ウオード The Northern Chamber Orchestra を聴取。NAXOS シリーズのハイドン9番目。No.22以外にNo.29 No.60がカップリングされている。この指揮者と演奏団体は初めての聴取。録音は1992年。ライナーノートには使用楽器については、余り書いていないようだがモダン楽器と推定。メンバーはノートでは24人と記載されている。最近のホームページを見ると、弦の人数は下記の通り。

第1+第2 vn.:6、va:2、 vc.:2.Bass1

奏者の数はかなり少ない。Ob.の代わりのイングリッシュホルンは中央やや右側に位置。2名のhr.は左側。vn.は対向配置でない。
 第1楽章の冒頭で弦楽器は弱音器のpの伴奏。それに対して、主旋律のhr.は、f で登場するが、2人のパートの動きが比較的良く分かる。テンポは概して中庸。展開部と再現部の繰り返しで、後半での装飾は特になし。cmb.は緩叙楽章を除いて大体入っている。

Appendix

プロフィール

tenkichi995

Author:tenkichi995
FC2ブログへようこそ!ハイドン 探求。交響曲の初期から最後までで、聴き比べを中心に掲載。

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスカウンタ-

コンパクト月別アーカイブ

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる